juhの落書き

日々のメモ

通勤中のKindle Unlimited読書録

東京の満員電車に揺られながら、iPhoneKindleアプリで読んだ本をメモ。まとめて3本いきます。

 

拝金

まず1本目「拝金」。Kindle Unlimitedのトップページで紹介されていて、読んでみようかなと、アマゾン側の紹介を受け入れてみました。時代の寵児を追体験出来る小説です。1人の少年が、ゲームセンターで出会ったおじさんの指導によって成り上がっていく話。

 

一番印象に残ったのは、最後にお金、お酒等々の欲望を全て手に入れれる状況になると、突き抜けた感覚になり自由になれるという表現。味わえる人は一握りだけれど・・・。

拝金 青春経済小説

拝金 青春経済小説

 

 

入社1年目から差がついていた! 行動が早い人の仕事と生活の習慣

入社数年目ですが、テレビの企画をする著者の仕事術や周囲の出来る人の仕事っぷりを書いています。仕事が出来るってどういうことでしょうね?

 

実例から結論を出しているので、読み易かった。やりたいことは全部やろう!仕事はアウトプットが決まっているので逆算して考えよう!作業レベルまで仕事を具体化して進めよう!とか。

 

一番印象に残ったのは、「責任を感じて思考停止せず、淡々と問題解決しよう!」というメッセージ。問題は起こるもので、怒られるとか考えて萎縮するのではなく、問題は怒るもので解決していこう!ということ。まだ身につけれていないけれど、身につけたいな。

 

 

「毎日の悩みが消える」働き方の教科書 

Q&Aを通じて、著者の考え方に触れる本です。

 

この本の中で、稼げるためには希少性のある存在になろう!希少性とは難しいことではなく、100人に1人のレベルを3つ持てば良い!相手の記憶に残るためには、希少的な経験をしたほうが良いよ!等々。読みたいQ&Aだけ読むのもありな構成です。

 

一番印象に残ったのは、人生を豊かにするのは、「裾野を持とう!」というメッセージ。仕事一筋も良いけれど、興味のあるコミュニティを複数持ち、様々なことをやっていこう!ということ。確かに人生楽しそうに見える人は色々なことをやっているのかな?

 

「毎日の悩みが消える」働き方の教科書

「毎日の悩みが消える」働き方の教科書

 

 

以上。ビジネス本的なモノが多かった1週間でした。