サラリーマンの日々の駄文

ゴロゴロしていたい。ダラダラしていたい。駄文をつらつらと。最小限働けば良いかなと思っている。

スタディサプリ 5レッスンやった。

スタディサプリの日常会話 Lv1をやっている。月¥1,058払っている。何レッスンやったら元が取れるのだろうか?と思いつつ、アプリで勉強していた。毎回違う音声が聞けるのは飽きなくて便利かなと思う。早く全クリして、元取ったわーと思いたい。

 

今後の方向性に迷う

英語をより勉強して、1つの武器にしたいんだけど、このままで良いのかは不安を感じるんだよな。世間では、スキルを磨くとかあるけど、どれだけ磨いたら武器になるのかな?そのスキルでメシを食えるくらいとか回答がきそうだけど、サラリーマンである限り、そんなこと分からないと思うんだよな〜。英語での業務に従事とか言ってもピンキリだし。

 

英語を武器に活躍している人を参考にしつつ、その人がどれだけ英語ができるのか見極めて、そこまで自分を持っていくみたいなことの方が戦略的にいいのだろうか?

 

ちょっと嬉しいこと

英語の勉強を再開して、最近洋画をみて、単語やフレーズがわかることがあると少し嬉しい。基本的には全然分からないのだけどw

 

うだうだと駄文を書いている暇があったら、英語を勉強しとけって話ですよねw

狭小邸宅を読んだ。営業の裏側ってこんな感じなのかな?

狭小邸宅を読んだ。kindleで400円だった。土日で、隙間時間で一気に読んでしまった。新卒で不動産営業に就職した人が主人公。営業でノルマがあり、達成できていない自分が可視化されるのって辛いよなって、読みながら痛感した。

 

狭小邸宅 (集英社文庫)

狭小邸宅 (集英社文庫)

 

 

不動産を売るのは大変

何かを売ろうとするのって、難しいですよね。気持ちの揺らぎだったり、予算の都合だったり、買い手の想いだったりと、複数の要因が絡み合いますし。この本の中で、ある出来事をきっかけに、売れる営業マンになっていくのですが、テクニックが凄いんですよね。どうやったら、買う気になるのか?お客さんから信頼してもらえるのか?要求を変えてもらうために、どうゆうプロセスを踏むのか?大変勉強になります。

 

売れる営業マンというのは、こういうことをしているのかな?とか思ってしまいます。実際に、買い手が買った後も満足していたら、良いと思います。高額な買い物だけに、売り手も大変なんだなということは分かりました。

 

ペンシルハウス

この本を読んで、初めて知った単語でした。「ペンシルハウス」。ペンシル(鉛筆)のような細い一軒家というニュアンスと理解しています。東京では土地が高く、しかもいい感じで土地がないと、ペンシルのような細い家?だそうです。

 

土地が高く、面積が小さい東京のような場所特有なんですかね。イメージが湧かない人は、「狭小邸宅」と検索してみてください。

 

あとは、自分は営業は向かないなって思いましたw

 

KDDIが下がっている。買い時か。。

KDDIのチャートを見たら、ドコモ同様にガツンと下がっている。これはもしかしたら買い時かな?約24万円で安くはないんだよな・・・。

 

今日、SBI証券のアプリで見てみると、配当利回りは、3.4%だから、そこそこ良くて、かつ優待があるので、利回り上がるし、良い銘柄のような気がする。

 

でも、ドコモ持っているんだよなー。ボーナスで購入するかどうかもう一度考えてみるか。

 

サラリーマン生活の楽しみの1つだわ。

NTTドコモ下がっている・・・

高配当、THE安定みたいなノリで買ったドコモが下がってる。携帯会社は軒並み下がっているな。KDDIでも買い増そうかな。。まぁまぁのお値段するからボーナスかな。。。

KDDIは、株主優待があるから、優待月がワクワクできるんだよな。

 

5G銘柄の有力候補だから、頑張ってほしいな。

 

それにしてもデカい下げだから。買い増しもありだな。。

サラリーマンしながら、スタディサプリやっている。

仕事で英語に触れる機会があり、英語を自由自在に使いこなせたら、かっこいいなと思い、今流行りのスタディサプリを開始。

 

日常英会話で、Lv1をやっている。。。Lv1が最適とアプリから勧められたからだ。

一応、TOIECは、800超えているのに、Lv1とは。。。

まぁ仕方ないか。TOEICというスポーツみたいな試験での筋力はあったが、日常英会話の筋力は無かったということか。

 

1レッスン15分以内で終わる感じだから、帰宅時にサクッとやると、なんか達成感が湧くのは、うまく丸め込まれているのかな?でも、学習が継続しているから満足。

 

大学を卒業して、英語については、目標がないから、学習が継続しないんだよな。

 

TOEICが必要だ!みたいなTOEIC信仰が強いけど、実際はハイスコア取ったからって、使わない環境だったら、意味ないし。

 

社会人の語学のモチベーションを保っている人はどんなことをしているんだろう?

 

まぁいいや、今日は寝よう。

SBI証券でJNJ(ジョンソンエンドジョンソン)を購入してみた。

とうとう購入しました。(実際に購入できたのは、数日前になりますが。)購入した金額は約15万程度です。徐々にポートフォリを構築しつつあります。まだ銘柄としては、4銘柄した所有しておりますが、バフェット太郎さんのように10銘柄程度で構築していこうと思っております。

 

投資って、面白いですね。今日、スーパーでコーラが売っておりまして、自分が保有している銘柄の商品が売っていると、ついつい仲間意識が芽生えてしまうというか。。。1本買ってしまいましたね。冷蔵庫で冷やしたコーラって美味しいですよね。

 

今の悩みは、XOMとAT&Tを購入したいと思っていますが、分割して買うか、今はどちらかを一括で買っておくか、悩ましいですね。

「ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版」あらすじ メモその1

株が好きだけど、ネットでの情報収集や簡単な本を読んだりして、知識を獲得しているけど、そろそろ大物の本に挑戦してみようかなと思っておりまして、王道の「ウォール街のランダム・ウォーカー」に手を出してみようかと思います。

 

分厚いですよ。大学で、この本が教材とか言われたら、違う授業で単位を取ろうかなとか考えてしまうくらいの分厚さ。そして、大体言いたいことは、インデックス投資をしてじっと待てば、アクティブファンドを負かすくらいの成績を残せるよということなんだろうなと持ち前のネット収集で知っていました。

 

まずは1ページでも読み進めようとページを開いたら、

プロのファンドマネージャが運用する投資信託に投資するよりも、ただインデックスファンドを買ってじっと持っているほうが、はるかによい結果を生む

p1 

いきなり結論っぽいことが来ました。ネットの誰かが言っていた結論がいきなりp1に来ました。でも、大事なことは最初に言ってくれてありがとうという感じですね。あとは、そのための理論が書かれているんでしょうね。この結論を最初に知っていれば、読み終わった時に、何が言いたかったんだ?とならずに済みますね。こんな分厚い本を読む上では、かなり大事だ。

 

あらすじには、こんなことも。

  • 許容できるリスクは、年齢や収入に依存する
  • 投資期間が長くなればなるほど、リスクを低減できる

確か、若いうちからスノーボールを作ると良いよという名言を聞いたことがあるような。年をある程度とっていても、それを踏まえて投資すれば良いんじゃない?ということも言っているのかな?インデックスを買ってガチホールをすることが勝利の大原則みたいな本は最近多いよね。

 

あらすじを読んだだけで、言いたいことがシンプルに伝わってきて、こんな分厚い本なのに、全部読まなくても分かっちゃう!と思ってしまいました。株投資が趣味なんで、小難しい古典的名著を体力の続く限り、読み進めていこうと思います。