転勤をくらったサラリーマンの日記

日々の出来事を書いていきます。

お金を引き寄せる 世界一の投資家 バフェットの成功習慣 その1

バフェットの成功習慣

投資をする人で知らない人はいないくらい有名な人ですが、どれくらいすごい人かというと、世界の長者番付で2018年で3位にランクインし、これまでもランクインしてきた方です。1位はご存知、amazonのジェフベゾスさん。3位でも資産は840億円という桁違いの額を示しています。そんなウォーレン・バフェットさんについて、ネットで調べて知ったりしていましたが、今回は本を読んで、色々と吸収していこうと思いました。

 

ジェフ・ベゾスが初の首位に フォーブス世界長者番付2018 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

 

質素倹約

どうやら何か特別なことではなく、誰でもできることを愚直にやってきたようです。本書にも下記の通りの記載があります。

 

家を購入したことを「バフェットの愚行」と呼んでいる

(中略)

家の改装に、妻のスーザンが1万5000ドルかけた際に、死にそうになった。

 

散財してしまったり、支出が収入を上回ってしまうことはせず、自分の身の丈にあった生活をしていくことの大切を学ぶことができます。

 

これほどお金を持っていると散財してしまったり、どこかに豪華さを求めてしまったりしてしまいそうですが、そんな方向には進まず、質素倹約というルールを崩さず守ってきたことに価値があるのでしょう。

 

要は、質素倹約をして貯めたお金を投資していこうぜという話なのです。

 

そして、どうしても消費をしたくなったら、バフェットさんのこの名言を思い出してください。

投資とは、消費を延期することです。

 

今お金を出して、あとでもっと大きなお金になって戻ってくるわけです。本当に大事な問題は二つだけです。1つはどれだけ戻ってくるか、もう一つはいつ戻ってくるか。

その消費は本当に必要なのか?そのお金を投資したら、未来のお金を手にする機会を逃してしまうのではないか?と考えるのです。

 

やっぱり自己投資

どうやらありきたりなオチになってきましたが、王道なのでしょう。バフェットさんも自分の頭脳や肉体への自己投資は大事だと言っています。

 

バフェットさんは、自己投資を精霊から自動車を与えられた話で説明しています。詳しくは本書をご覧いただくとして、簡単に言うと、一生使わないといけないと車があったら、大切に使うでしょという話。メンテナンスや使い方とか色々調べたり、不調だったら、早急になお相当するでしょということ。

 

自己投資って色々と騒がれてて、啓発本なんてたくさん出版されていて、自己投資(笑)みたいになっていそうな気がするけど、やっぱり自己投資が重要なんだと。

 

自分が自己投資できているかというと、普段仕事に忙殺されていて、株は買うけど、自己投資は出来ていない。

 

そんな悩みにもバフェットさんは、マンガーさん(弁護士で投資にも成功された方)の言葉を借りて、僕たちにこう教えてくれている。

 

誰しもマンガーを見習い、まず自分自身が顧客になり、次に他人のために働くべきだ。1日1時間を自分にあてるべきだ

 

結論

・質素倹約しましょうね。

・それって、本当にお金払って消費するべき?と考えてみたら。

・1日1時間自己投資してたら。

 

こんなところで、バフェットさんから色々と学ぶべく、本書を読み進めて行きます。

次回は、その2。