転勤をくらったサラリーマンの日記

日々の出来事を書いていきます。

【転勤生活_1】モチベーションの拠り所はいづこへ。

駄文中の駄文です。いきなり転勤を言い渡されて、異動先では全く異なる業務内容になり、一体何が意図で、この異動はなされたのか?それとも意味などないのだろうか?そんな疑問がグルグル回っている。しかも、転勤してきて、1週間だけというわけではなく、1ヶ月経ってもグルグルしている。

 

特に希望していない全く異なる業務内容へ、いきなり異動させられる。その結果、今までの知見や人間関係をリセットして、再構築。さらに知らぬ土地では、孤独の身から生活していくことに。単身赴任であれば、家族とバラバラになる。こんなことをサクッといきなり発動してくるあたり、実はサラリーマンも不安定なんじゃないかとも思い始めています。

 

しかも、数年後、またこの呪文を発動してくるのではないか?とビクビクしながら生きていくのもどうなんだろうとも思います。

 

モチベーションの維持が難しいかと思います。まぁ、給料貰って働いているわけですから、モチベーションどうこうは関係なく、働いていますが。出勤前や後に常々思っております。もうこんな呪文に振り回されるのは嫌ですね

 

こっちも切り札をもって、呪文に対抗していかないといけないので、転職サイトに登録してみました。自分の武器を持つべく、行動していこうと思います。